<< 後にも先にもこの人を越える人は... 増殖中 >>
ふりーはんど
aoさんをハハに預けて洋裁を習いに行くことになりました。
もう何年も何年も習いに行きたくて、妊娠したりしてのびのびになってました。
今までに縫ってたのは市販の型紙で、解らない所はハハに聞いてやっとこさ作っていたので、
いつか習ってみたいなぁとず〜〜〜っと思っていました。
でも
いつか…なんて言ってたら永遠に行けないし、aoさんを見てもらえる環境がある今、
いかいでどーする!と決めました。私には大きい決断です。

e0037164_18111327.jpg私の体中を採寸して
原型というのを作成するのですが、
(初回はノートと筆記用具を使用。
針も糸もまだ使いません。)

先生(とっても優しい丁寧な方♪)
「ここのカーブは
フリーハンドで、きゅぅ〜っとね♪」

←首のラインです。
黒があたし、赤が先生。
なんでこうキレイに
ずれてるんでしょう(笑)。

e0037164_18112591.jpg←袖ぐりのラインです。
少し補正があったものの、
この赤も先生がフリーハンドで
きゅぅ〜と引かはりました。

ものさしを当てたような
キレイなカーブ。

なぁんでこんな線が
何も使わずに書けるのだ?
先生ブラボー★と
言ってませんが、
それを見ていた私の目は
確実にハートになっていたはず。

職人さんの仕事ってやっぱり見てるの楽しい。
パーマあてに行っても雑誌読むより、
カットしたりロット巻いたりしてる手際の良い仕事見てるのが好きです。
今回も先生のフリーハンドでしゃあしゃあと線を引いていくのん見てるのが楽しくて楽しくて♪
まだまだ観客気分です、いかんなぁ。

そら、何十枚何百枚と何十年も書いてりゃ出来るようになるのかもしれませんが、
今始めたばかりの私には先生はカミサマ、カリスマなのです。
「何枚か書いてたらフリーで書けるようになるわよ〜」
ってセンセ、"フリーハンド"のセンスがない人もいるのよ〜。

使ってた型紙がこういう意味があるのかーとか、
しわにもランクがあること(綿より麻のしわの方がキレイとか)などなど
初回からベンキョーになることだらけでした。

何かを習うのって、何年ぶりかしらん。
お仕事とは逆に" 教えてもらう立場"ってのが新鮮で毎週ウキウキで通いそうです。
がむばるぞっ。

e0037164_18114065.jpg

最近のお散歩では
暑いのか、
スグ帽子を脱いでしまう
aoさん。

←今日のお散歩後も
こんな感じ。

よく落ちなかったもんだ。


そしてサンダル履いてます。
まだ歩けないけど、
可愛かったので
買っちゃいました♪

[PR]
by norinoren | 2009-06-25 19:02 | couture
<< 後にも先にもこの人を越える人は... 増殖中 >>