<< 稽古 色々と重なる日 >>
1歳5ヶ月な日々
e0037164_22431192.jpg気付けばもう1歳5ヶ月です。
遊び方も以前とは違ってきました。

群れて遊ばなかった彼らが
他の人を気にするようになりました。

・人が持ってるおもちゃを取りに行こうとする、

・取ろうとして渡さなかったら
 少し取り合いみたいになる
(執着は薄いみたいでケンカにはならない)、

・宇宙語で何か話しかける(返事も宇宙語)、

・積み木を積み始める(以前は投げるだけ)、

・誰かがドテーンとこけると「ダイジョブ?」
 てな風に見に行く、

などなど、
明らかに他の人が視野に入って来た様子。
誰かが泣いてても知らんぷりしていた
半年前を思えばすんごい成長です。

←真ん中上、白いチョッキのaoさん。
おもちゃカゴを物色中です。
↑ だいたい週に1回集まりますが、
ここは市民センターの一室を借りているので、おもちゃもマットもセンターのもの。
色も形も変形しまくった、かなり疲れたおもちゃもありますが、
それはそれで良いようでちゃんと遊べるから子供ってすごい。先入観が無いって素晴らしいことです。

誰かのお家に遊びに行けば、おもちゃを投げて壁に傷とか、おちゃをこぼすとか、色々気になるところが、
ココでは壁にはクッションシートが貼ってあるし、
フローリングなのでお茶もささっと拭けば良いし(退室後はお掃除の係の方がモップ掛けしてくださるし)、
なにより散らかっても気にならない!

ママン達は散らかりを気にせず、ママントークに没頭できるのです。
退室時間になったら全員でお片付け。
みんなで楽しくやれば、子達も遊びの延長のように散らかったおもちゃを集めてカゴにぽいぽい入れることが出来ます。

ハイハイの頃からみんな遊んでいるので、今では全員が立って遊んで追いかけっこしている姿を見て
「大きくなった」「成長した」と感動しきりのママン達なのです。
[PR]
by norinoren | 2010-01-29 23:16 | bébé
<< 稽古 色々と重なる日 >>