<< 東北東 三種混合予防接種・離乳食スタート >>
DNAひしひし
お世話になった産院でアフターヨガというのをやってはるので行ってみました。
産後2ヶ月から参加可の赤子連れ可のヨガです。
緩んだ骨盤を閉めるとか、もういないはずのお腹の赤子がまだいるかのようにしっかりついた脂肪を退治するとか、育児漬けの毎日にリラックスを取り入れるとか、色々目的はあるようですが私の目的は”aoさんを同月齢児にまみれさす”です。

aoさんは健診でもお買い物でもなんでも人ごみにまみれるといつも少し成長するんです。
成長ってほどおおげさじゃないんですが、その夜やたらペラペラ喋ったり(ao語)、首の力が強くなったり(ブンッと力強く振り向く)、声を出して笑うようになったり。
相方といつも「おもろいなぁ~」と感心しきりなので、この寒空の中、重い重い腰をあげて行ってみました。

広~いお部屋に18人のママンと18人の赤子、ハイハイしてる子もいればまだじっとしてる子もいて、皆ママンの横で寝たり遊んだり。aoさんも寝かそうと思ったら、やはりワラワラいる赤子たちに興味深々。キョロキョロして寝ません。
まだ赤子同士で遊ぶってことはしませんが、ママンは自然と「何か月ですか~」とか「男の子みたいでしょ~」とか「●●産院で産んだの~」とか、すぐ情報交換が始まります。近所なので、私も同じ産院で2週間違いで、なんと同じ部屋に入院していたママンとお知り合いになれました!

通常こういう場所、私はヒジョーに苦手で人物観察も含めてまさに”貝”になってしまうのですが、aoさんというネタがあるのでまだましでした。”aoさんのママン”という立場を前面に出しての交流、必死のパッチで話しているうちにヨガが始まりました。

赤子を横に置いて先生のポーズを真似して、赤子が泣いたらあやして可、授乳の人は勝手に壁を向いて授乳可、おむつ交換の人も勝手に壁を向いて交換可。
日頃外出する時、授乳室は…おむつ交換台はあるのか…泣いたら速攻であやさないと…とあれこれの気がかりが全くゼロ!
全員事情が同じなのでそりゃあもう、パラダイスですっ。赤ちゃんは泣いててあたりまえ~の世界ですから♪

…が、やっぱり赤子の”泣き”は連鎖するんですね。
部屋の端っこから順番に泣き出して、aoさんはその時寝てたんですが、やっぱり泣きました。
「あら、あたしの番ですわね、起きて泣きますわね♪」ってな感じで。

そしたら、なんか部屋の様子が変…e0037164_1113890.jpg
aoさんを抱っこして
「やっぱり泣くか~」とか言って
あやしていて、ふと振り向くと


全員が我々に注目


声が、声がでかかったんです…

ええ、ええ、確かに、でかかった、
他のどの赤子より、やかましかった。
先生ヨガ一時中断するし…。

赤子全員aoさんを凝視。
ママン達は穏やかな苦笑。

aoさん、家の外でこんなに全力で泣いたことなかったんです。
家で泣いてても”声でかいな~”くらいだったんですが、今日はきっぱりとヨガの先生に
「んん~そうね~確かにダントツ大きい声ね~。でも元気でいいのよ~。」
とでかい声のお墨付きをいただきました。

相方と私の感想は「やはり…」
ウチふたりとも声でかいんです、DNAを感じずにはいられません。
赤子は自分の鏡、私もこんなにうるさかったのね~…「うん、そうよ(by私のハハ)」

ちなみにaoさんの成長っぷりはというと、
夜5時間続けて寝ました!←初めてです♪疲れたのかなぁ~。
aoさん、また行くわよ~。
[PR]
by norinoren | 2009-02-01 01:38 | bébé
<< 東北東 三種混合予防接種・離乳食スタート >>