カテゴリ:kyoto( 144 )
せっかく来てもらっても…
11月も中旬になり、京都は例年紅葉を求める観光客さんたちがドっと増える季節になりました。

が、しかし、紅葉してません!今年は遅いです。
e0037164_1255442.jpg修学旅行の学生や、有閑マダムの集団が沢山きてはりますが、ごめんなさいあんまし紅葉してません…
東山の山々もまだまだ緑色です。

今日はブッシュくんが来てたので、厳戒態勢か?!と思ったのですが、昼には去っちゃっててボクがウロウロしだした昼過ぎには、普段と変わりませんでした。昨日と今日の朝は通行止めやらバスの運休で市内に住んでる人はブーブー言ってましたけど。


e0037164_1342224.jpg京都駅の大階段には大きなクリスマスツリーが出現しています。
もうすでに京都は夕方になるとかなり寒いというのに、若いカップルが階段に座りツリーを観ながらいちゃついてました。若いってすばらしい。


e0037164_1343525.jpg京都に住んでいながら、パリの写真ばっかしだったので、今日は原点に返って京都タワーを撮影してみました。実はボクはまだ登ったことないんですけど…
e0037164_1344584.jpg

[PR]
by norinoren | 2005-11-16 23:58 | kyoto
bon anniversaire!【おめでとさんさん】
週末は相方3●回目のお誕生日、お誕生日といえばケーキ♪
今年はWittamer(大丸京都店)の四角いケーキ、その名も「tricolre japonais」。
e0037164_2212885.jpg

本当はsmallcountryさんのblogで釘付けになったモンブラン目的で行ったのだけど、なかった、日本にはないんや・・・。それはそれで結構ショックだったけど、そこらへんは切替が早いあたしたち、「とりころーるじゃぽねぇずってどんなんや?」と、興味の赴くまま即購入!
e0037164_2221230.jpg




一番上がオレンジのムース、その下が抹茶、一番下がチョコ。で、トップにココアパウダーと3つのオレンジのまん丸。このまん丸は金柑だそうな。

となりのケースにはこれまたおいしそ~なチョコたちが並んでいたけどこれは次回。贅沢を小分けしてしまう小市民でR。
甘酸っぱいオレンジムースが美味しかった。しぶい抹茶と濃いチョコがいっそう甘くて、おいすぃ~かった。誕生日とは良い日だ、しみじみ。
私は夏生まれなので今年はパリにて、「お誕生日に」と称して一体いくつのケーキとタルトと食べただろう・・・にしてもハズレはなかったなぁどれもこれも美味しかったな♪
[PR]
by norinoren | 2005-10-21 22:15 | kyoto
金沢へ
二条城に続き、純和風なお出かけで、金沢へ行ってまいりました。
noriの学生時代の友人夫婦が住んでいるので、そちらへお邪魔してきました。

京都を出発するときにISETANでタイミング良く北海道物産展をやっていたので
車中のお弁当を購入です。
旅の出だしからいい感じです。
e0037164_0302070.jpg

金沢でも近江町市場で海産物を買うのに、ここでも海鮮弁当を購入。
実は、帰りの車中も海鮮弁当でした…
ホント魚ばっかし食べてる夫婦です。


今回は生憎曇り空の金沢でしたが、
3連休ということもあり、武家屋敷跡も兼六園も観光客でにぎわってました。
e0037164_0593159.jpg
やっぱり兼六園はキレイっスね。
京都の庭たちよりも開放感があってほんわかしてる感じがします。
実は結構高低差があるので、グルグル歩いて回ると足にきます。

e0037164_104568.jpg

古い街並みは京都同様なんですが、なんとなく金沢の方が
のんびり感があるように思います。
何度目かの金沢ですが、やっぱり良い感じでした。
[PR]
by norinoren | 2005-09-26 01:02 | kyoto
二条城へ
e0037164_22261451.jpg
二条城本丸の秋の特別公開がもうすぐ終わるので行ってきた。
お久しぶりの観光モードに私も相方もワクワク♪
去年、大学の講義のアシスタントを担当してくれた学生Tクンが「二条城ライトアップ2004」の映像制作を担当していたのでソレを観賞しに行って以来。
e0037164_2323017.jpg時々青空が覗く曇りのお天気だったが、心配の雨も降らずにラッキー♪しかし、相方を悩ます湿気の多さはどないよー、日本の湿気はほんっとーに私達の外出を阻む・・・。
本丸、二の丸共に撮影禁止(フラッシュじゃなくて、撮影自体禁止)なので画像は残っていないけど天井・欄間・襖から畳までピカピカでない、煤けた美しさがあった。ヨーロッパのヒトもこんな美しさが好きよねー。各間の床の間のいけばなも一興、過去に習った流派とは違っていたけど基本の形は同じだし解釈の違いも楽しめる。季節の枝もの、花材の名前も記されていて親切なおもてなしだった。何百年も昔の襖絵・床の間の前に、昨日か今日咲いた花たち、年月を乗り越えての協和がかっちょ良かった~。
e0037164_23242872.jpg生まれてから今日まで何十年と刷り込まれた私の中の庭園の定義はやっぱり大きい石・水(池)・濃い緑・砂利石・・・。ヴェルサイユは庭園と云うより「森」だった。モナコの海岸沿いにもなんでか、日本庭園が造られていて、よく出来ていたと思うけどやっぱりナンチャッテ庭園・・・仕方ないか。
たっぷりjaponaiseな一日でした。

歯石のおそうじに行ったら、衛生士さんは不精物の私にフロスを勧める。びびりながら始めるスナオな私・・・。
[PR]
by norinoren | 2005-09-20 23:36 | kyoto